NWbgJ[h|[^}jAIDǂȃNWbgJ[hƎ҂̒T

クレジットカード現金化の時に悪質な業者を避ける方法は?

クレジットカードの現金化業者というのは数多く存在しているので、なかには悪徳業者もいます。そのような業者は闇金業者とのつながりがあって、もし個人情報を知られてしまった場合は、闇金業者にそれが流れてしまい、山のようなダイレクトメールが届いてしまうということになりかねません。そのようなことにならないために、優良な業者を探し出す必要があるのです。

優良なクレジットカード現金化業者の探し方

しかし、実際に現金化業者を選ぶとなると数が多いので、どのように選んでいいのか悩んでしまうことでしょう。優良な業者を選ぶポイントはその業者のホームページをしっかり見ていくことです。現金化業者の数は多いのですが、店舗を持っていなくて、インターネット上だけの身軽な運営をしているというところもあり、そういう業者のホームページは業者のすべてを紹介していることになります。

なので、まず現金化のサービスを利用したいときはホームページを見ましょう。そしてホームページで業者の会社概要や所在地を確認しましょう、所在地が簡単に見つかるようなホームページのつくりだったら良いのですが、見つけるのが非常に難しい場合や、会社概要や所在地が表示されていないなどの場合は、悪徳業者の可能性があります。ただ、表示されている所在地は架空のものだったという場合もあるので、しっかりと建物名まで確認して、そこの所在地を検索してちゃんと存在するのか確認しましょう。

運営代表者名や固定電話番号はしっかりと表示されているのか

その業者の運営代表者名が記載されているかも大事なポイントです。まっとうな企業であれば運営代表者名が記載されているという事は当たり前のことですが、代表者の名前が名字しか表示されていない、そもそも名前が表示されていないなどの場合はかなり危険ですので利用するのは控えましょう。

それに連絡先は固定電話であるのか、というところも大事なポイントです。携帯電話番号だけしか記入されていないところは雑な経営をしているか、それとも足がついてしまうのを避けているのか、どちらかはわかりませんがあやしいことは確かですのでしっかりと固定電話の番号が表示されている業者を選択しましょう。

優良な業者を正しく選んで現金化を

クレジットカード現金化を行っている業者なかには老舗と呼ばれるような業者も存在しています。つまり、そのような業者は長年の実績があるわけなので安心して利用できます。

利用する人はなるべく高い換金率を設定している業者に目が行きがちですが、最も大事なのは安全に取引できるかというところです。なので、優良な企業の換金率に不満があって、もっと換金率のあるところに目がいってしまうかもしれませんが、トラブルに合わないためにも、換金率は多少低くてもちゃんとした業者を選びましょう。

クレジットカード現金化するとき必要な本人確認書類は?

クレジットカードを持っているのならばだれでもクレジットカード現金化のサービスは利用できます。カードローンやクレジットカードの申請時とは違い、勤務先や勤続年数、年収等のような細かい項目を記入するといったことはありません。

場合によっては本人確認書類が必要

いつもクレジットカードを使用している人や高所得者の人であれば、ショッピング枠が100万や200万円ぐらいになっているでしょう。そういう人ならば身分証明書を提示することなくサービスを受けられる可能性はありますが、学生や専業主婦でもクレジットカード持っている場合があります。

その場合にはクレジットカードでのショッピング枠は10万円くらいで、あまりクレジットカードを使わないという人もショッピング枠は30万円ぐらいでしょう。ショッピング枠が30万円程度ならクレジットカード現金化を利用するときには、本人確認書類が必要な場合があります。そういうところでは、運転免許証や健康保険証などの本人確認書類を本物ではなくて写メールで送るなどといったことで確認が終了します。

今どれくらいのショッピング枠が利用できるかの確認を

あとはクレジットカードを見せて現金化のサービスが利用できるのですが、注意しておかなければならないことはクレジットカードの現金化というのはクレジットカードのショッピング枠を利用するサービスなので、当然ながらショッピング枠が空いていなければなりません。

なので、いつもクレジットカードを利用していてショッピング枠が少ないという場合には、急にお金が必要になったという状況の時にサービスが利用できないという状況に陥ってしまうかもしれません。そういうことにならないために、どれくらいショッピング枠が残っているかの確認をクレジットカード現金化サービスの利用前に行いましょう。

しっかりとした業者の確認を

基本的にクレジットカードを持っていればクレジットカード現金化サービスは利用できるのですが、その前に必要なものは揃えておきましょう。身分証明書が必要な場合には、業者がプライバシーポリシーのしっかりしたところかも確認しましょう。

クレジットカード現金化業者の中には闇金とつながっている悪徳業者も存在しているからです。なので、業者のホームページをしっかりチェックして情報公開がしっかりしている優良な業者を利用しましょう。

噂のクレジットカード現金化に夢中になる人が続出!?

難しい書類の作成や職場への在籍確認など面倒な審査が一切無いのが現金化の魅力であり夢中になる人が年々増えていますね。しかしクレジットカード現金化がメジャーになってきたのはここ数年の事で、まだまだ利用するのは不安という方もいると思います。例えば現金化を利用していると自己破産時に引っかかるのではないか、と危惧する声をよく耳にします。

これに対する答えはYESです。自己破産する際に裁判所から免責を許可してもらう必要があるのですが、ギャンブルや浪費などを目的とした借金は破産法によって免責が許可されません。クレジットカード現金化も免責不許可事由に該当するためせっかく自己破産しても借金が残ってしまうリスクがあるのです。

しかしその可能性は低いとも考えられています。なぜなら裁判所はクレジットカード履歴ぐらいしか取引を確認する資料が無いため、商品を売った事実まで知る事は出来ません。例え換金目的だったとしても「換金目的では無かった」と言えばそれ以上追求の仕様がありません。なので自己破産のリスクに関してはあまり心配しなくて良いでしょう。

ですがこれはあくまで現金化業者を通した場合の話です。個人で換金性の高い商品(金券など)ばかりを使って現金化していると、その利用履歴はしっかりと残ってしまうので免責不許可事由に引っかかるリスクが高くなります。最近はカード会社の監視の目も厳しくなっているため利用停止や強制退会といったペナルティーを科せられる恐れもあります。個人での現金化は出来るだけ避けた方が良いでしょう。

夢中でクレジットカード現金化をした人の黄金のルールと感想

晃宏さん
34歳で公務員として働いています。銀行のカードローンに申し込むことを考えましたが、職場に在籍確認の電話があることから、内緒で借金できないと考えたのでこちらを申し込むことにしました。もちろん在籍確認の電話もないですので、利用して良かったです。

輝美さん
22歳の女性のフリーターです。彼氏に誕生日プレゼントを買ってあげたいのですが、あまりお金がなくて困っていました。フリーターなので、審査のある所では借りることができないので悩んでいたら、クレジットカードの現金化を知りました。本当に審査がないので助かりました。

恵利子さん
28歳で主婦をしています。以前に金券ショップで商品券を換金したことがあったので、その方法で換金するためにクレジットカードを使おうとしたのですが、この方法は危険ということなので、業者にお願いして現金化をしました。業者にお願いした方が安全なら、もっと早く利用するべきでした。

クレジットカード現金化の方法について

ページ上に戻る