クレジットカード現金化に夢中

クレジットカード現金化がバレると利用停止になるのですか?

クレジットカード現金化はカード会社が嫌っています。それはお金に困り過ぎている会員がクレジットカード現金化と言った行為を行うからです。後々支払困難に陥り、回収するのが難しくなる可能性が高いです。

バレると利用停止に

クレジットカード現金化は本来の使い道とは異なるためにカード会社では規約で禁止しています。もしクレジットカード現金化がカード会社にバレると規約違反となりカード利用停止となることがあります。

カード利用停止だけならそのうち解除してくれる期待があるものの、厳しいときは会員資格はく奪となるために注意が必要です。カード会社への支払滞納となると遅延損害金の請求やブラックリストへの掲載と言ったデメリットも発生します。

最悪口座の預金や給与差し押さえされることがあり、カード利用停止だけでは済まない可能性があります。

なぜカード会社にバレるのか

クレジットカード現金化がなぜカード会社にバレるのか不思議に感じることがありました。形上ではクレジットカードで商品を購入しただけ、現金化したかどうかまでは分からないはずです。

しかしカード会社では膨大な顧客データの中からクレジットカード現金化が疑わしい利用履歴のピックアップが可能なのです。システム化されているため一つ一つ探し回らなくても分かります。

クレジットカード現金化を行う会員は特有のパターンがあり、システム化しやすいのです。さらにキャッシング枠が残っていないと言う特徴もあるため、比較的容易にピックアップすることが可能です。

逆に言うとキャッシング枠が一杯の状態で、換金性の高い商品をクレジットカードで購入するとすぐにバレてしまうと言うことです。

終わりに

換金性の高い商品を大量に購入するなど明らかにクレジットカード現金化を行っていると言うときを除き、即カード利用停止と言う処分が下される会員は少ないと言われています。

それは疑わしいと言うだけでカード利用停止していたら膨大な会員が対象になるからです。疑わしきは罰せずと言うもので、目立つ行為さえしなければ大丈夫です。

クレジットカード現金化の黄金のルールTOPへ

ページ上に戻る