クレジットカード現金化に夢中

クレジットカード現金化ってどういう意味ですか?

クレジットカードにはショッピング枠とキャッシング枠があります。ショッピング枠では加盟店での買い物などに、キャッシング枠では借入ができます。クレジットカード現金化は文字通り、クレジットカードで買い物したり借入するのではなく現金化すると言う意味です。

ショッピング枠を現金化する

クレジットカード現金化ではキャッシング枠ではなく、ショッピング枠を利用します。ショッピング枠で商品を購入し、それを売却することで現金化するのです。キャッシング枠があればこのような使い方をしなくて済みます。

しかしキャッシング枠を使い切ってしまい、他の貸金業者や銀行に申込しても借入できないと言う方がクレジットカード現金化を行っています。ショッピング枠で商品を購入するとカード会社が加盟店に立て替え払いしています。

利用者は立て替え払いして貰ったカード会社へ商品代金の支払いを行います。購入した時点より支払日のほうが先であるため、一時的ではあるものの現金の調達ができると言うわけです。支払方法に分割払いやリボ払いを選ぶと支払いの先延ばしができます。

現金化業者を利用する

クレジットカード現金化では換金性の高い商品を購入します。しかし新幹線の回数券ではカード会社から連絡が来て、カード利用停止されることがありました。デパートの商品券ではクレジットカードで購入できないことが多いです。

そのため現金化業者を利用するのが一般的となっています。現金化業者にはキャッシュバック方式と買取方式があります。キャッシュバック方式ではインターネットで申込し、指定商品をクレジットカードで購入すると口座にキャッシュバックすると言う形で現金化しています。

指定商品はビー玉など価値の無いものが多いです。自宅に届いた商品の返送は不要です。買取方式では商品を買取すると言う形で現金化しています。

クレジットカードで購入する商品はブランド物など価値のあるものが多いです。買取方式の場合は届いた商品の返送が必要です。

終わりに

現金化業者を利用する場合、換金率分が差し引かれます。さらに分割払いやリボ払いだとカード会社への手数料がかかります。2重に金利を取られているような形となるために注意が必要です。

クレジットカード現金化の黄金のルールTOPへ

ページ上に戻る