クレジットカード現金化に夢中

現金化の方法は色々あるけど

どうしてもお金が欲しいというのならば、現金を作り出す方法を考えていくことになるのですが、個人でやる分にはどうにもあまり効率がよくないのかもしれませんね。

ふとした時に必要なのは

どうしても、今この場で現金を入手しなくてはならないということになったのならば、どのような方法を取ればいいでしょうか。

実際にお金を稼ぐという必要がないのならば、やはりクレジットカードのショッピング枠をそのまま現金に置き換えるという方法を取るのがベターなのかもしれません。

他人にお金を借りるということではなく、自分で支払うことになるのですから、その分遠慮なくどんどん現金にできるのですが、問題はその方法ということになるでしょう。

カードを利用して何かしらの商品を買って、それを返品する時に現金で返して貰うというのが一番簡単な方法のようにも思えるかもしれませんが、そうすんなり行くでしょうか?

実際に小売店なんかでその方法を取ろうと思ったら店員さんに交渉をしなくてはいけませんし、返品を断られるということだって考えられてしまいます。

そうなってしまったら全てが徒労に終わってしまう上に、購入した商品をなんとかして始末をつけなければいけないので非常に面倒くさいと考えてしまうことでしょう。

それに、カードを使って余りにも不自然な買い物をしてしまったりしたら、カード会社からの調査が入ってしまう可能性というのも十分に考えられます。

カードを使って、ショッピング枠の分だけ現金に置き換えるという手段をカード会社は警戒していますので、気付かれたらカード利用停止ということにもなってしまうのです。

そのようなことを考えていくと、カードを使って個人で現金化するという手段は少しばかりリスクが高いようになるかもしれませんね。

ネットショッピングを行う時にはカードがあった方が格段に楽になりますので、その為の手段までをも奪われてしまっては生活に影響が出てきてしまうことにもなります。

現金化をどうしてもしたいというのならば、誰にも気付かれることなく速やかに行いたいと思うのですが、その時に利用しやすいのが現金化してくれる会社を利用することです。

会社側としても万全の状態で運営しているということには間違いがないと思われますので、やはり安全な方法ということになると一番なのは会社を経由することになるかもしれません。

個人で試すのは限界がある

現金を持ち歩く主義ではないという人は余程のお金持ちなのかもしれませんが、そのような人たちだって時には現金が必要になるシーンがきっとやってくることでしょう。

いざという時にカードしか持っていないということになってしまったら、自分がお金持ちであるということすら認識して貰えないので悲しい気分になるかもしれません。

やはり、紙幣が流通しているという状態にはそれなりの意味があるのだと断定することができますので、時には主義を曲げてでも現金を持ち歩く必要があるのでしょうね。

カードで購入した商品を現金に替えていくという行為はやり方によっては個人で行える範疇の時もあるので、人によっては会社を利用しないという拘りがあるかもしれません。

しかし、年々取り締まりが厳しくなってきていますので、個人で派手に動きすぎると即刻カードの利用が停止されてしまっても文句を言うことができなくなってしまいます。

利用停止からまた使える状態に戻すには時間が掛かることになりますので、結局のところでマイナスになってしまうことも充分に予想できてしまうことなのです。

どの方法を選ぶのか

そこまで大きな金額ではないというのならば、個人で行っても問題はないかもしれませんが、額が10万円を越えるようならば大人しくお店を利用した方がいいかもしれません。

確かに、換金率というシステムがありますので、個人で行うよりかは損をしてしまうと感じてしまうかもしれませんが、その分手間を短縮することができます。

時間というモノはお金を同じくらい大切なものになりますし、場合によってはお金よりも重要な要素になる場合だってきっと存在することになるでしょう。

失った時間を取り戻すことはできないのですから、現金化の際にもまずはお店を利用することで時間を浮かすという考え方をするのがいいかもしれませんね。

クレジットカード現金化の黄金のルールTOPへ

ページ上に戻る